さて、どうする?

二児の父が考えた子育て方針の備忘録。

コラム

他愛もないコラム(その5)

前から気になっている本のタイトル。映画化もされました。 「君の膵臓をたべたい」 以下ウィキペディアより抜粋。 シビレ - Wikipedia シビレ(英: sweetbread)はウシ、ヒツジ、ブタなどの胸腺や膵臓を意味する料理用語である。白い色でフワッとして柔らか…

他愛もないコラム(その4)

テレビのCMで流れている「仕事がデキル人」のイメージが古すぎると思う。栄養ドリンクとか薬のCMで良く見られます。 「有能な上司が、手をまるで千手観音像のように残像を残して高速で動かし、机に高く積まれた大量の書類を処理する。そしてそれに惚れ込む女…

他愛もないコラム(その3)

選挙について。 「投票なんてしない。どうせ自分が一票入れなくても結果は変わらないし。」 みたいな事を言う人がいます。まあ、その気持ちは分からなくは無いです。 私は20歳の頃からなぜか投票はほぼ欠かさずに行ってきましたが「自分の一票が反映された…

他愛もないコラム(その2)

学生時代に友人がこんなことを言っていた。 「階段ってすごいよな。どこまでも登っていける。考えた人すごい。」 何を馬鹿なと思ったが、考えてみると確かにそうかも、と思い直した。自分の前を少しだけ高くする。こんな単純なことだけで原理的にはどこまで…

他愛もないコラム(その1)

ものには最初から決まった名前があるのでは無いだろうか? 名付けるという行為は、あらかじめ決められている名前を発掘してあげる事では無いか? などと最近考えています。 例えばツィート(tweet)する、は英訳すると正確には「さえずる」ですが、多分それ…