さて、どうする?

二児の父が考えた子育て方針の備忘録。父親目線で育児について気づいた事を書いてます。

読書感想文が死ぬほど苦手だった話

読書感想文。

小学校時代を思い出す懐かしい響き。

そして、どちらかと言えば苦い思い出。

 

私はあれがどうも苦手でして。

何がって、感想文を書く事がです。

というか「感想を他人に伝える」事が非常に苦手でして。50分も悩んでたった3行しか書けない、というザマでした。

というか、今でも苦手ですけど。

 

小・中学生のコンクール優秀作品などを読むと、とても分かりやすい説明で、かつ自分の主張も取り入れており、感心しきりです。大変頭の良いお子さんですねぇ、と唸ってしまいます。

 

 読書感想文全国コンクール公式サイト

 

読書感想文とはザックリといえば、最低限下記の点を他人にも分かりやすくまとめることだと考えていますが、通常学校で課題を仕上げるであろう1時限(50分)程度の時間では、私には到底まとめ上げる事が出来ないのです。

1.この作品から自分は何を感じたのか?

2.なぜそう感じたのか?

 

これが私には大変高度に感じるのです。

恐らく、感想文が得意な人には全く想像も付かないと思いますが…

 

まず1点目ですが、1冊の本を読んだからには数多くの感じる事があるでしょう。その中から、特に重要な事をピックアップして説明する必要があります。

しかし、一つの内容を取捨選択する事が出来ません。例えば物語であれば、導入部分から発展、オチまでの全てが重要です。起承転結の構成要素からその一部だけを取り上げる事は、物語を自分の感性に従って歪曲してしまうような気がして出来ないのです。

物語の最も盛り上がる部分だけを取り上げる場合には、その前提となる導入部も説明しないと気が済まず、その結果、脳内で整理が出来なくなり、原稿用紙上にまとめる事が出来なくなります。

 

2点目ですが、そもそも私には感想を誰かに伝えたいというモチベーションが有りませんでした。伝えてどうするのかと思っていました。

自分がまとめ下手であり、うまく伝えられないのは重々分かっており、誤解されるくらいなら伝えない方が良いという消極的な考えに至ってます。

自分の感じた事を誰かに伝える楽しさがわからない。これは自分でも非常に残念です。

 

優秀作品を見ると、本の内容と自分の体験を重ねる事で、何故そのような感想を持つに至ったかを説明する事が多いようです。

しかし、私にはそんな大それた経験など無く、たとえば「挫折を乗り越えた経験」や「親類の不幸(死)」などを扱った感想文を見ると「あ〜あ、うちも誰か死んでれば書けるのになあ」などと不謹慎な事を夢想したりしたものです。

 

そもそも、上記を満足に出来る子はそれほど多くはないのではないでしょうか?

読書感想文はかなり頭脳を使う科目でありますが、学校で方法論を教える事もなく(教える教師もいると思いますが)、実力差の現れる科目だとも思います。

学校で感想文の書き方など習った記憶が無いのですが、基本的な文章構成の仕方くらいは教えて欲しかったです。そうすれば少しは好きになったかも知れないのに… 

 

近い将来、子供が小学校に入り感想文の書き方に悩んだ場合に、教えてあげられるようにもう少し文章力をあげておきたいと思います。

 

読書感想文全国コンクール公式サイトのQAによると、感想文を書くコツは次のようです。以下に引用させて頂きます。

「本を読んで自分がどこに感動したのか、なぜ感動したのかを考えましょう。そしてもう一度本を読んでみましょう。自分の生き方や経験と本の世界とを照らし合わせると、いろいろなことが見えてきます。感じたこと、思ったこと、連想したことなどを忘れないうちに全部メモしておきましょう。そうしたら、順番を入れ替えたり内容を補ったりして、どう書けば自分の心の動きにぴったりするか、それがうまく人に伝わるかを考えましょう。先生や家の人と相談してみるのもいいでしょう。そうするうちに何をどう書けばいいのか、自分が一番言いたいことは何なのかがはっきりしてきます。書き終わった時には、それまでとはどこか少し違った自分になっていることに気づくはずです。」

 

 なるほど、コツとしては下記みたいですね。

・本は2回以上読む

・感想はすぐさま付箋などにメモする

・メモした感想を、順番を入れ替えたり、内容を補ったりする

・一番言いたい事は何かを探る

・他人にも相談すること。

 

本を1回読んだだけで真っ白な原稿用紙に向き合ってうんうん唸っていた、子供の頃の自分に聞かせてあげたいです。

あと、やっぱりメモは大切ですよね。